ピュリナワン腎臓ケアフードの評判は?腎不全の猫にやさしい?

 

なんだか猫の様子がおかしいと思って、病院で診てもらったら腎不全と診断された。

 

病院からは今後の食事がとても大切と言われて、飼い主さんは色々キャットフード選びに困ると思います。

 

  • 口コミってどうなんだろう
  • 本当にこれ腎臓にいいの?
  • 長生きするために良いフード?

 

腎臓ケアを徹底するには、食事にも費用が必要になってきますが、飼い主さんのお財布にも優しくないと、

 

生活費に響いてしまいます。ここではピュリナワン腎臓ケアフードについて調べたので、ご覧ください。

 

ピュリナワンの腎臓ケアフードの口コミ

 

評価の低い口コミ


最近うちの猫が水をよく飲んでいるようなので、もしかしたら腎臓が・・。すぐに腎臓に優しいフードに切り替えようと
ピュリナワンにしました。決定打は値段が安いところですね。猫の食いつきはまあまあで良かったです。
しかし2週間くらいして、嘔吐してそこに血が混じっていました。病院で診てもらうと胃炎になっていました。
フードの切り替えが原因だそうで、残念ですが、前のフードに戻してます。


粒の大きくて、食べてくれなかったです。もう少し猫のこと考えて欲しいなと思いました。他のシリーズは粒が小さいので
良かったんですが、これはもう止めておきます。

 

評価の高い口コミ


うちの猫は4歳になる猫で、ピュリナワンの11歳以上の専用をミスって購入しました。以前飼っていた猫が
腎臓の病気になってしまい、辛い思いさせたので、腎臓専用フードを与えていこうと思いました。食いつきは
良くて、味が気に入ったようでよかったです。


多頭飼いをしているのですが、最年長の12歳になる猫にこれを購入しました。腎臓が元から強くない種類の猫で
今後のことも考えて定期便にしてみたんです。毎回割引きで購入できるし、買い忘れることがなく、
時々、サンプルを送ってくれて助かってます。


他の腎臓サポート食と混ぜて、与えています。飽きが来たのか食いつきが落ちてますが、コスパがいいので、
しばらくはミックスして続けていきます。

 

 

調べた結果、全体の評価の割合は 良い 7:3 悪い という結果でした。悪い口コミでは「食いつきが悪い」コメントがほとんどでした。フードの切り替えで体調を崩す猫ちゃんもいましたが、こればっかりは与えてみないとわかりませんね。

 

あと粒が大きかったというコメントがありましたが、これは猫によっては食べる子もいるようなので、もし不安な場合は、小粒のものを選ぶ方がいいですね。

 

ピュリナワン腎臓ケアフードの成分は腎臓に優しかった?

 

 

腎臓をケアするのに注目すべきところはキャットフードの成分ですよね。飼い主さんなら真っ先にパッケージの裏を見てしまうと思います。

 

ここでは新商品ピュリナワン健康マルチケア11歳以上(腎臓/尿路・お腹・脳)成分についてチェックしていきたいと思います。

 

 

 

保証成分

たんぱく質 36 %以上
脂質 14 %以上
粗繊維 3 %以下
灰分 8.5 %以下
水分 12 %以下

 

その他の含有成分

マグネシウム 0.12 %
DHA+EPA  0.2 %
オメガ3脂肪酸+オメガ6脂肪酸 4 %
タウリン 0.16 %
ビタミンE  480 IU/kg
コリン 2,400 mg/kg
ビタミンC  70 mg/kg
グルコサミン 600 mg/kg
グルタミン 20,000 mg/kg

 

猫の腎臓が気になる場合は、注意しなくてはいけない成分が「リン」です。

 

リンは猫の体内に蓄積されると、腎臓にダメージを与えてしまう成分なので、キャットフードを選ぶときはリンの量をチェックしてあげる必要があります。

 

上記はピュリナワン健康マルチケアの成分ですが、リンが載っていません。なんで?と思うかもしれませんが、

 

これはリンの成分量が少ないという意味になります。成分量は少ないと表記しなくいてもいいという決まりがあるそうです。

 

ということは猫の腎臓の負担は軽いことがわかります。

 

 

DHA+EPAって猫の腎臓にいい?

 

ピュリナワン健康マルチケアの成分にDHA+EPAというの聞いたことがあるような成分があります。
実はこの成分にも腎臓を守る効果があると期待されています。

  • 脳の機能向上
  • 血液をサラサラにしたり
  • 抗酸化作用

 

などが含まれていて、猫の健康にいい栄養が豊富に含まれているので、腎臓の健康が気になる猫にはオススメかもしれません。

 

ただこの健康マルチケア(腎臓/尿路・お腹・脳)は対象年齢が11歳以上の猫に合わせて栄養設計されていますので、ライフステージ
に合わせて与えることをオススメします。

 

 

猫のその行動は腎臓病かも?治療方法は?

 

 

猫の腎臓は7歳を越えると、悪くなっていきます。飼っている猫は大丈夫なんて思い込まないように普段の行動から
気を付けて観察しておく必要があります。

 

  • 水をよく飲むようになった
  • 吐いたり下痢をしている
  • 元気がなく、弱ってる感じがする
  • 口臭が気になる
  • おしっこの回数が増えた
  • 毛のツヤがない

 

上記の中から最もよく見られるケースは、水をよく飲む行動が要注意です。できれば早めに動物病院で診てもらうことが
最善の方法になります。

 

病院での治療方法ってどんなの?

 

 

猫の腎臓が悪いという病院での診断が出たら、猫のためにも治療を受けないといけません。

 

治療方法としては腹膜透析・血液透析などがあり、腹膜のチューブを入れて体内の老廃物を流すという方法があるのですが、それはとても高額な費用がかかるため、諦めなければいけない選択肢でもあったりします。

 

しかし2017年には腎臓病を緩和する薬治療も発表されています。費用を抑えたい飼い主さんにはいい方法かもしれません。しかし腎臓病を治すために治療するのではなく、病気の進行を遅らせるという方法でした。

 

治療費用は飼い主さんそれぞれ限界があると思うのですが、少しでも長く生きていくためには、食事療法と並行して腎臓ケアをしていくのが、1番いい方法
だと私は思います。

 

 

たった500円で手に入るピュリナワンお試しキャンペーンとは

 

 

 

猫の腎臓病を少しでも緩和するために、病院での治療も大切ですが、もっと重要なのが食事だったりします。

 

食事の継続から猫の寿命が大幅に伸びたという結果も珍しくないそうです。しかしその前に食べてくれないと意味がありませんよね。

 

ピュリナワンでは500円で1カ月分試せるキャンペーンがやっていました。1カ月試してみて、体調の変化を試せるというものです。

 

本当に500円?!と疑いたくなるこのキャンペーンですが、申し込む条件はやっぱりありました。

 

詳しく知りたい方はピュリナワンお試しする条件からご覧ください。

 

 

腎臓の健康が気になる中で、食事はとても大切だと思います。ピュリナワンの健康マルチケアフードは猫の腎臓サポートにいいフードでした。

 

 

page top